アンガーマネジメントファシリテーター

車 重徳くるま しげのり

協会認定資格
FTアンガーマネジメントファシリテーター
KIアンガーマネジメントキッズインストラクター
AMSI怒らない体操インストラクター
AMRTアンガーマネジメント叱り方トレーナー
職業・資格など
発達心理サポートセンター代表
心理士/カウンセラー
高等学校教諭一種免許状
介護職初任者研修/実務者研修 修了
サービス管理責任者研修 修了

プロフィール

過去、10数年に渡り、発達障がい、学習障がい、うつ病、統合失調症、起立性調節障害などを持つ子ども達と接し、回復へと導く。
特に知能検査WISC-Ⅳ(ウィスクフォー)は年間に100人以上、計1000人以上に実施。検査のアセスメントについては、とても評判が高く、時期によってはなかなか検査の予約が取れないほど。
数年前よりWISC-Ⅳ検査の読み取り研修を積極的に実施する。臨床心理士を始め、市区町村の教育委員会や公立小学校や中学校などでも積極的にWISC-Ⅳ研修を実施。
ADHDや自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)のお子さんが激昂してしまい、何もかも破壊してしまうという事実に対してなかなか有効な打つ手が見つからない状況でアンガーマネジメントと出会う。
以降、一般の怒りやすい大人だけではなく、癇癪持ちの幼稚園児や小学生、中学生などにもアンガーマネジメントが非常に有効だと分かり、その普及活動に励む。

ファシリテーターからのメッセージ

以前、私がみていた子にこんな子がいました。

お友だちの何気ない一言で激昂し、お友だちを殴りつけ、親や先生を蹴り飛ばし、机をぶん投げ、椅子を破壊し、それでも怒りが全くおさまらず修羅のような顔になり、その時は世の中の全てを憎んでいるのではと感じさせる子どもがいました。

当然、その子は常に怒っているわけではなく、落ち着いている時は頭の回転の速い優しい子なんです。

しかし、一旦「怒り」に囚われてしまうと正常な思考ができなくなり、目に入るもの全てを破壊し尽くしそうになるのです。

学校の先生は、その子のことを理解してはくれませんでした。
お友だちもすぐに離れていきました。

本人に悪気がなくても一度スイッチが入ってしまうと暴走機関車のように止まらなくなってしまうのです。
自分で自分を抑えられなくなります。
そして、その状態の時は「何も聞こえない」そうです。

その子のお母さんと私、2人で今後の対策をずっとずっと考えていました。
その時に出会ったのがアンガーマネジメントです。

アンガーマネジメントはさまざまな手法からその「怒り」に対処していきます。

アンガーマネジメントを続けていった結果、「怒りにくい体質」をその子は身に付けることができたのです。

今、その子は毎日、楽しく学校に通えるようになり、お友だちと笑顔で遊んでいます。

アンガーマネジメントによって、この子の人生が変わりました。
どんなものか一度、学んでみませんか。