はじめての方へ

アンガーマネジメントとは?

1970年代にアメリカで生まれたとされている怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです。

怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標としています。
当初は犯罪者のための矯正プログラムなどとして活用されていましたが、時代の変遷とともに一般化されていきました。

どのような分野で活用されていますか?

企業研修、医療福祉、青少年教育、人間関係のカウンセリング、アスリートのメンタルトレーニングなどの分野で幅広くアンガーマネジメントは活用されています。その中でも企業研修の需要は高く、多くの企業でアンガーマネジメント研修が導入されています。主に導入されているテーマは、管理職研修、コミュニケーション研修、パワハラ研修、メンタルヘルス研修です。

2017年4月、厚生労働省は、職場のパワーハラスメント防止対策を強化するための方策の検討を行うため、有識者や労使関係者からなる「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」を発表し、当会代表理事の安藤も委員に就任しました。
「職場のパワーハラスメント防止対策」は、働く方々が健康で意欲を持って働く上で重要な課題であり、アンガーマネジメントがハラスメント防止対策として、今後も多くの職場に導入されることが予想されます。

アメリカでは子どもにもアンガーマネジメントを教えることに積極的です。小学校はもとより、サマーキャンプなどでもアンガーマネジメントを教えています。
また、一般的な人間関係のカウンセリング、夫婦(カップル)セラピーなどにもアンガーマネジメントが取り入れられています。
アスリートのメンタルトレーニングの成功例として有名なのが、テニスのロジャー・フェデラー選手です。その他にもプロゴルファー、アメリカンフットボールのチーム等もアンガーマネジメントをメンタルトレーニング、チームビルディングのために取り入れています。

更には、アメリカでは司法分野にもアンガーマネジメントが導入されており、DV、傷害、危険運転といった軽犯罪を犯した場合、裁判所からアンガーマネジメントを受講するよう裁判所命令が出ることがよくあります。

テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、WEB媒体でも大注目のアンガーマネジメント

アンガーマネジメントはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、WEBメディアなどのメディアでも非常に高い注目を集めています。当会は毎年、1,500媒体以上のメディアで取り上げられ、アンガーマネジメントが紹介されています。例えば、政治家の失言問題、危険運転のロードレイジ問題、世間を騒がせる事件等、事件の裏にはほとんどの場合、怒りの感情が隠れています。そこでアンガーマネジメントの視点から解説を求められることが多いのです。

また、当会の広報活動は公益財産法人日本パブリック・リレーションズ協会の2017年のPRアワードグランプリでシルバー賞を受賞しています。広報活動のプロである団体からも評価を受けています。

全国のアンガーマネジメントファシリテーターも地元のテレビ、ラジオ、新聞、コミュニティ誌などから数多くの取材を受けメディアに登場しています。

テレビ:NHK「助けて!きわめびと」「ニュース7」、NTV「ニュースZERO」、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」等多数
新聞:日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞 等多数
雑誌:『Tarzan』、『an・an』、『日経ヘルス』、『PRESIDENT WOMAN』等多数

日本ではどのくらいの人がアンガーマネジメントを学んでいますか?

アンガーマネジメントの受講者数は年々右肩上がりに増加しています。2017年度は約22万人が受講しており、統計を取り始めた2012年より6年間で講座や講演、研修を通して述べ約60万人の方が受講しています。

2012年 8,000人
2013年 15,000人
2014年 50,000人
2015年 10,5000人
2016年 180,000人
2017年 220,000人

どのような人が受講していますか?

アンガーマネジメントは職業、性別、年齢に関係なく誰もが学べる心理トレーニングです。当協会に所属する、アンガーマネジメントファシリテーターの年齢、性別、職業の円グラフを見てみましょう。(※下記グラフを参照)
男女比は、男性が約3割、女性が約7割で圧倒的に女性が多く、中でも40代50代の方が7割に上ります。アメリカでは、男性がアンガーマネジメントを学ぶことが圧倒的に多いのですが、日本では女性の受講者が多いという傾向があります。

職業で一番多いのが会社員です。社内トレーニングに取り入れたい、キャリアアップをしたい、あるいは副業・兼業として、自分自身のために学びたいという方も増えています。

また、研修メニューを増やしたい、新しいスキルを身につけたいと受講される研修講師の方や感情労働と言われる看護師や介護士の方の受講も多いです。

そのほか、カウンセリングメニューに取り入れたいというカウンセラーなど心理分野に携わる方。子どもや学生に伝えたいという子育て中の親御さんや教師の方。その他、経営者、個人事業主、士業、医師、公務員、スポーツ選手、体育指導者、保育士、など、受講される方のバックグランドは様々です。

アンガーマネジメントファシリテーター 職業分布 (2018年現在)

どの講座を受講すればいいですか?