取材、研修等の
お問い合わせはこちら

ホーム > 当協会について

当協会について協会理念

協会理念

人が人に当たらない社会がつくれたら、どれだけ多くの人にとって今よりも生きやすい社会になるでしょうか。

そして、人が人に当たらない社会、怒りが連鎖しない社会をつくるために必要なことが、全ての人が自分の感情に責任を持つということです。全ての人が自分の感情に責任が持てれば、怒りの連鎖は断ち切れると信じています。

ほとんどの人は、あの人がいるから、こんな出来事があるから自分は怒るんだと思っていますが、そうではありません。極端な言い方をすれば、誰もあなたを怒らすことも、悲しませることも、喜ばせることもできないのです。

あなたを怒らせることができるのはこの世の中であなたしかいません。あなたが怒ると決めないかぎり、あなたは怒ることはできないのです。全ての感情を決めているのは、選択しているのはあなたです。

私たちが怒る理由は自分が信じている「〜するべき」が目の前で裏切られた時です。マナーは守るべきと思っている人がマナー違反を見ればイラッとします。仕事はこうするべきと思っているのに他の人がそうしていなければ腹が立ちます。

会社はこうあるべき、夫婦はこうあるべき、子育てはこうするべき、家事は分担するべき、なんでも正直に話すべき、コーヒーはブラックで飲むべき、ダイエットするべき、整理整頓するべき等々、実に多くの「〜するべき」を私たちは持っています。その「〜するべき」が裏切られると、怒りを感じています。

今まで、あなたは自分を怒らせる原因は全て外にあると考えていました。ところが本当に自分を怒らせている原因は自分の中にあったのです。

しかし、これはとても良いことです。なぜなら、もしあなたを怒らせる原因が誰かや出来事のように外にあるなら、あなたは誰かや出来事の奴隷になってしまいます。自分の中に自分を怒らせる原因があるからこそ、自分の感情を全て自分で選択することができます。自分がイライラするのも、しないのも、すべて自分で決められるのです。

この仕組が理解できていれば、仮に怒ったとしても、誰かに当たらなくて済みます。アンガーマネジメントができる人が増えるということは、誰かに当たらない人が増えるということです。

怒りの感情は水のように高いところから低いところへ流れます。立場の強い人から弱い人へと流れます。そして怒りの感情は身近な対象に程強くなります。あなたが強く怒る対象は必ずあなたの近くにあります。また、怒りは矛先を固定できない特徴もあるので、会社でもった怒りの感情は会社ではらすことなく家に持ち帰って家族に八つ当たりすることができます。

大人は社会でいろいろな怒りを受けます。どんなに正しく生きていたとしても怒りをもらうことはいくらでもあります。それを家庭に持ち帰り、夫は妻に、妻は夫に当たります。親は子どもに怒りを当て、当てられた子どもは学校に行って弱い子をいじめます。いじめられた子は家庭に持ち帰り親に当たり、当てられた親は会社に行き同僚や部下にあたり、あるいはお店に行って店員に当たり、当てられた店員は、、、

怒りは社会の中で延々と連鎖をしています。一番大きな理由は怒りの感情と上手に付き合う方法を知らないからです。アンガーマネジメントができれば、怒ったとしても人に当たらなくて済みます。アンガーマネジメントができる人は怒りを連鎖させません。

アンガーマネジメントができる人を増やしたい。アンガーマネジメントができる人が増えることで人が人に当たらない社会、怒りが連鎖しない社会が実現します。

怒りの感情をなくすことはできません。しかし、上手に付き合い、建設的に活用していくことは誰にでもできます。ぜひ一緒にアンガーマネジメントをしていきましょう。あなたの一歩は社会で怒りを連鎖させなくなる大きく貴重な一歩になります。