アンガーマネジメントファシリテーター

植木 誠うえき まこと

協会認定資格
シニアFTアンガーマネジメントシニアファシリテーター
TITアンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー
KITアンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー
AAアンガーマネジメントアドバイザー
職業・資格など
Kuulei総合プロジェクト / Kuulei Communication 代表
ヒューマン話し方教室 話し方トレーナー
一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会認定 ITコーディネーター

プロフィール

1967年東京生まれ。千葉県浦安市在住。
1989年「ベルリンの壁崩壊」を目の前で目撃、大きな衝撃を受けると同時に国際舞台での活躍を目指す。欧州放浪後旅行会社、空港専門重機メーカー勤務を経て、成田国際空港コールセンターSV、社内LAN構築チーム、通信工事設計業務・積算業務等、空港マンとして様々な業務に通算25年間従事。
職場で目にして体験したハラスメントを防止するため、2013年産業カウンセラー、2015年ITコーディネーター、2016年アンガーマネジメントファシリテーター・アドバイザーを取得。
同年よりITとトータルコミュニケーション(聴く・聞く・話す・怒る・コントロールする)研修事業を実行するためKuulei総合プロジェクト/Kuulei Communicationを千葉市美浜区に設立、代表に就任。
数少ない元技術屋の心理職として差別化を図った研修を実施しており好評を得る。

ファシリテーターからのメッセージ

技術系の職場・仕事は、どうしても「0」か「1」の2進数の世界になりがちです。思い込み、自分ができることは周りもできて当然=「べき」が多く存在するのではないでしょうか。私は文系の職場が半分、技術系の職場が半分で社会人人生を歩んで参りましたので両方の気持ちを理解しているつもりです。もちろん、技術屋だからと言っていつも怒っていたりイライラしているということではありませんし、総務・営業系だとしても同様です。お伝えしたいのは、特に2進数で結果を求められる環境ではギスギスした人間関係になることが多いのではないかとの投げかけです。
私はイライラや怒りがハラスメントとなってしまう現状を残念ながら数多く見てしまいましたし自分自身も経験しました。
一方で産業カウンセラーとして傾聴講義、話し方教室講師を行いつつ、コミュニケーションとはなんぞやと日頃から考えていたときに出会ったのがアンガーマネジメントです。
この出会いで自分のやるべき使命が見えてきました。
それは、「怒りの連鎖を断ち切ろう」この協会理念を実践しつつ、ハラスメントなんてない、そして皆さんが生き生きとして笑顔が絶えない素晴らしい人生を送るために少しでも力になる、大袈裟ですがこれが私の使命です。
「聴き方教室/話し方教室」での「気付き」をアンガーマネジメントファシリテーターとしても皆さんと共有できたら幸甚です。