アンガーマネジメントファシリテーター

前田 光德まえだ みつのり

協会認定資格
FTアンガーマネジメントファシリテーター
KITアンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー
AAアンガーマネジメントアドバイザー
職業・資格など
独立行政法人国立病院機構宇都宮病院消化器内科医長兼内視鏡センター長
獨協医科大学消化器内科非常勤講師
日本消化器病学会関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医兼指導医
医学博士

プロフィール

東京医科大学医学部卒業。東京医科大学外科、東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科助手、獨協医科大学消化器内科講師、獨協医科大学日光医療センター消化器内科長を経て、現在は、独立行政法人国立病院機構宇都宮病院消化器内科医長、消化器内視鏡センター長として診療を行っている。また診療以外にも論文や著書、国内外の学会発表や講演活動も行っており、また心理学にも精通している。

ファシリテーターからのメッセージ

医療の世界は、常にストレスのかかる社会です。生死という逃げ場のないストレスと向き合う場合、そこで生じた不合理や予期せぬ結果が、「怒り」となって現れます。医師、看護師はもとより、病気という逃げ場のない立場の患者さんも同様です。このような「怒り」が生じた場合、どう対応すればよいのでしょうか?この問いに対する対応法の1つが、アンガーマネジメントです。これは医療に限ったことではなく、会社における上司や、部下、クライアントにおける「怒り」も同様です。私自身、医師として、また部下の立場、管理者の立場を経験し、各立場の視点からのアンガーマネジメントについても、対応法が必要となります。医療の現場における「怒り」を生じている方、もしくは上司や部下、クライアントに対する「怒り」を感じていて、どのように対応するか迷っている方、アンガーマネジメントを一緒に学び、対応法について一緒に考えていきましょう。