アンガーマネジメントファシリテーター

渡部 一枝わたなべ かずえ

協会認定資格
シニアFTアンガーマネジメントシニアファシリテーター
AMCSアンガーマネジメントコンサルタント
KITアンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー
AAアンガーマネジメントアドバイザー
AMRTアンガーマネジメント叱り方トレーナー
職業・資格など
認定特別支援教育学習支援員
湘南DVサポートセンターいじめ防止プログラムファシリテーター
国際中医薬膳師

プロフィール

都内公立小学校勤務。通常学級に在籍する自閉症・発達障害のある児童、または情緒や感情のコントロールに特殊な課題をもつ児童への支援をしている。
教育学、発達心理学専攻。大学では、発達心理学の中でも思春期に魅せられ研究テーマとした。とりわけ通常学級で学んだ発達障害のある子どもたちが思春期を迎えるころから二次障害や不登校に苦しんでいることが多いと知り、卒業後は自閉症・発達障害児を対象とした応用行動分析学(ABA)、ソーシャルスキルトレーニング(SST)の研究会に所属。身近な大人が声かけの言葉を工夫するだけで、子どもたちの問題行動が短期間で変化していくことを学んだ。現在はこれにアンガーマネジメントの手法を取り入れ、支援のベースとしている。
得意とする分野:応用行動分析学(ABA)、発達心理学、ソーシャルスキルトレーニング(SST)、ペアレントトレーニングなど

ファシリテーターからのメッセージ

わたしは、あらゆる子どもたちが未来を楽しいイメージで思い描くことができる社会になってほしいと考えています。
しかし教育の現場で見えてきたのは、叱らない子育てブームの中で「怒ってはいけない」とイライラを我慢しながら「どうやって叱ったらいいかわからない」と悩むお母様や先生たち、そして、そんな大人に不信感を募らせ反発するばかりの子どもたちの姿でした。
何とかしたい…。わたしがアンガーマネジメントを伝え続けているのは、そのような現場でさえアンガーマネジメントのシンプルな考え方が、子どもたちの感情の発達を支える基本となることを実感しているからです。
いま、毎日子どもたちと関わりながら、感情を正しく表現することの大切さを伝え、講座では、日常の中で応用できるアイディアや特殊な課題を抱えた児童対応への応用も紹介しています。