ファシリテーター

川嵜 昌子 プロフィール

かわさき まさこ

川嵜 昌子

かわさき まさこ

協 会 認 定:AMシニアファシリテーター
AMコンサルタント
AMキッズインストラクタートレーナー
AMアドバイザー
怒らない体操インストラクター
AM叱り方トレーナー


職業・資格など:経営コンサルタント
ビジネス&パーソナルコーチ
内閣府認証特定非営利活動法人日本経営士協会 経営士
コワーキングスペース「ツナグバサンカク」共同経営
長崎大学非常勤講師(キャリア概論)


プロフィール

長崎市出身。
東京の出版社、経営コンサルティング会社で、経営者向け雑誌・ウェブマガジンの編集長、コンテンツ開発局長、チーフコンサルタントとして26年間働いた後、独立し、長崎に拠点を移す。
長崎では、厚生労働省が長崎県に委託の「ひとり親家庭等在宅就業支援センター」の訓練サポーターリーダーとして、立ち上げに携わった後、「好き」を「カタチ」にするコワーキングスペース「ツナグバサンカク」を共同経営。

5000社以上の経営者に取材およびコンサルティングを行なった経験を生かして、「ビジネスと人生を切り拓きたい人」をサポートしている。
【協会役職】
・本部委員
・九州支部 副支部長

ファシリテーターからのメッセージ

これまで、たくさんの経営者とお会いするなかで、「成功する人」「夢をかなえる人」と、そうでない人との違いがだんだんわかるようになってきました。

そのひとつに、感情のマネジメント力があります。
経営はいつも順風満帆とは限りません。むしろ、何らかの課題が発生することが普通です。
とくに、新しいことに挑戦し、成し遂げようとするとき、さまざまな問題が発生したり、思ったような結果が得られないことも多々あります。
そんなとき、経営者や経営幹部に、怒り、不安、疑問、自信喪失、混乱などの気持ちが生じますが、それらにどう向き合い、どのような態度をとるかによって、未来は大きく変わります。

経営者や経営幹部が、感情に任せて怒鳴ったり、イライラと不機嫌そうな態度でいれば、組織は険悪な雰囲気になり、スタッフのやる気も失われます。うまくいくこともうまくいかず、さらによくない状況を招きます。
経営者や経営幹部が、自分が試されていると捉え、「自分の態度や行動は、自分で選べる」「今、自分は何をなすべきか」と考え、行動すれば、未来が開けます。

感情のマネジメントは、感情を抑え込んだり、無理に笑ったりするのではなく、物事をどう捉え、どんな態度をとるかを自分で選択することです。
怒りと上手に付き合いたい方、アンガーマネジメントを一緒に学びましょう。