集英社発信のWEBマガジン「OurAge」にて、当会代表理事
安藤俊介の取材記事が公開されました

こんにちは。アンガーマネジメント手帳プロジェクトチームの森戸加代子です。

 

早いもので、今年ももう2月半ばを過ぎました。

私はと言えば、初めて自分の名前が入った「アンガーマネジメントトレーニングブック」を手にして、2024年の「ミラクルデイエクササイズ」※1を記入してから、本当にミラクルなことばかり起きています。

 

 

実はすでにミラクルデイエクササイズに記載した事柄は叶ってしまい、正直ちょっと戸惑いを隠せないところも…。

改めて、文字のチカラを感じています。

 

元々文章を書くのは好きだったのですが、手帳はなかなか続きませんでした。それがアンガーマネジメントトレーニングブックに変えてから、もちろんすべて埋まるわけではないですが、継続して記入する習慣がつきました。

 

■文字にして書き留めておくことの意味

 

また、今までは新しい年になると、去年の手帳は処分していました。しかし、アンガーマネジメントトレーニングブックを使用するようになってから、毎年花粉症とぎっくり腰に悩まされていた私は、「去年のこの時期、どんなだったかな?」と振り返ることができ、体調管理の意味でも大切に保管しています。

 

 

「文字にして書き留めておく」ということは、自分を俯瞰して見ることでもあり、気持ちを引き締めることや、過去の自分を振り返り、ブラッシュアップをするなど、改めてその大切さを感じています。

 

今年も花粉症の私はすでに声が出ないほどのアレルギー症状を起こし、耳鼻科に通っていますが、昨年の投薬からの様子を自分の「アンガーログ」※2や「ハッピーログ」※3として記録しておいたことで、症状の改善経過も振り返ることができ、今年の症状と照らし合わせて相談することができました。

 

そして、ぎっくり腰は、アンガーマネジメントトレーニングブックを使用し始めてから、1度もなっていないことにも気づきました!これもミラクル!

 

些細なアンガーログでも、そのちょっとの違和感を記入しておくことで、振り返った時に大きな発見になりました。そんな使い方ができることも、アンガーマネジメントトレーニングブックの魅力のひとつではないかと思っています。

みなさんも自分ならではの使い方をして、ぜひ今年も素敵な1冊にしてくださいね。

 

※1:アンガーマネジメントを通じて、自分が向かっていきたい「ミラクルな日」、つまり課題が解決している日をイメージするテクニック

※2:怒りの記録

※3:楽しかったこと、嬉しかったことの記録

 


『アンガーマネジメントトレーニングブック2024年版』ミネルヴァ書房

Amazonからのご購入はこちら:

https://www.amazon.co.jp/dp/4623096467

 

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar
現在、日本アンガーマネジメント協会ではオンライン講座も開催しています。

 

皆さん、こんにちは。協会ブログチームの庄司奈月です。

さて、前回から「季節のイライラ」というテーマで、アンガーマネジメントのあれこれをメンバー5人がリレー形式でお伝えしています。

今回は、乾燥によるイライラ対策をご紹介します。

 

■まだまだ寒い初春の気候とその影響

2月は、多くの地域で冬から春にかけての移行期に当たり、気候はまだまだ寒く、乾燥した日が続きます。気象庁によると2月の平均湿度は東京(東京都) で平均値57%となっていますが、室内でのエアコン等の暖房器具の使用によりさらに乾燥しやすくなります。そのため、湿度の低下がもたらす皮膚の乾燥や目の疲れ、のどの渇きなどを不快に感じ、イライラしてしまう方も多いのではないでしょうか。このように、乾燥する時期には心身の両面でのケアが重要になってきます。

 

 

■イライラを解消するには?

この時期、イライラ感を解消するために試していただきたいポイントはこちらです。

 

部屋の湿度を上げる

加湿器の使用や、洗濯物を部屋干しすると簡単に湿度を上げることができます。部屋にスペースがある場合は、観葉植物を配置してみると、植物が呼吸することで、自然に室内の空気を湿らせることができます。

 

深呼吸とリラクゼーション

深呼吸は心身を落ち着け、ストレスレベルを下げるのに役立ちます。特に、ゆっくりとした呼吸を意識することで、怒りの感情を和らげることができます。ヨガなどで身体のこりを伸ばして、呼吸に意識してみるのもいいでしょう。

 

ポジティブな自己対話

自分自身に対する否定的な考え方はイライラを増幅させてしまいます。ポジティブな自己対話を心がけ、自己肯定感を高めることで、感情のコントロールがしやすくなります。

 

タイムアウト

感情が高ぶったときは、一時的にその場を離れることで冷静さを取り戻すことができます。短い散歩や別の部屋への移動は、感情をリセットするのに役立ちます。

 

 

感情をコントロールすることは一朝一夕にはいかないかもしれませんが、これらの方法を継続的に日々の生活の中で実践することで、イライラと上手に付き合い、健康的な心理状態を保つのに役立つことでしょう。

 

春のタイミングをきっかけに、皆さんも私たちと一緒にアンガーマネジメントを学び始めてみませんか?

 


講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar
現在、日本アンガーマネジメント協会ではオンライン講座も開催しています。