アンガーマネジメントファシリテーター

篠 真希しの まき

協会認定資格
シニアFTアンガーマネジメントシニアファシリテーター
TITアンガーマネジメントティーンインストラクタートレーナー
KITアンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナー
AAアンガーマネジメントアドバイザー

プロフィール

大学卒業後、総合商社秘書室に5年勤務。副会長秘書、米・英国会社会長/社長らの国内担当秘書、社長室長秘書を務める。退職後、夫の転勤に伴い7年間海外に居住。
帰国後、子供の生活環境の変化・学級崩壊などを経て、子供の感情マネジメントに関心を寄せアンガーマネジメントを学ぶ。日本で初めての「母親のための入門講座」を開催すると同時に、幼少期からのアンガーマネジメント習得の必要性を提唱し「キッズインストラクター養成講座」の立ち上げに従事。2017年3月まで4年間初代マスタートレーナーとして全国主要都市で指導者の育成に励む。2017年からは、思春期の子どもを対象としたティーン講座の開発・普及に従事。著書に「子どものアンガーマネジメント」など3冊、韓国語にも翻訳されている。主な登壇先は、国土交通省、米軍基地、大手企業、教育委員会、学校での教職員研修・保護者講演会、学生授業など多岐に渡る。
【協会役職】
・本部講師

ファシリテーターからのメッセージ

人の悩みの90%以上が、人間関係によるものと言われています。周囲の人との関係のなかで、怒りを持て余し、うまく表現できずに困っている人はとても多くいます。しかし本当は怒りが問題ではないのです。怒りが自分を苦しめたり、トラブルの引き金になるのではなく、問題なのは、自分の気持ちに十分に気づけなかったり、それをうまく対処できないから。
感情を爆発させてしまって後悔したり、逆に抱え込みすぎて苦しくなったり… アンガーマネジメントの手法を日常に活かせるようになることで、ひとりでも多くの方の気持ちが軽くなることを期待しています。
また、幼少期・青年期には、健全な自己像を描けない、将来への希望が持てない、自分の可能性を潰してしまう、ということのないよう、早い段階から自分の感情を自分で扱えるようになってほしいと願っています。
アンガーマネジメントがすべての問題を解決できるわけではありませんが、可能性はたくさんあります。周囲と長期的で健全な人間関係を築く、そしてそこから得られる未来を手に入れるお手伝いができれば幸いです。