アンガーマネジメントファシリテーター

小山内 優里子おさない ゆりこ

協会認定資格
FTアンガーマネジメントファシリテーター
AAアンガーマネジメントアドバイザー
職業・資格など
ビジネスコミュニケーション研修講師
Y'sオフィスパートナー講師

プロフィール

同志社大学商学部卒業。大学卒業後、小売業、大手広告IT会社、IT系ベンチャー企業の支部立ち上げを経て独立。現在はビジネスマナー研修講師として活動。
広告会社では、広告販売、原稿作成、集客提案の営業に従事。在職中に業務量過多・組織コンディションの悪化からメンタルダウンを経験。その際アンガーマネジメントを学び「コミュニケーションを通し違いを認め合い、生産性を上げる」働き方を目指し同会社に復帰。復帰後、圧倒的成果を出せるチーム作り、部署を超えたコミュニケーションを取れる組織マネジメントに注力し、社内表彰制度にて3度受賞。その経験からIT系ベンチャー企業へ入社し、支部立ち上げメンバーとして保育業界の人材紹介の新規市場開拓に従事する。
これまでの営業経験から、成果を出す組織作りには良いコミュニケーションが必要と痛感。感情マネジメントを取り入れた社員教育研修、営業育成研修。社会人向け接遇マナー研修を行う。

ファシリテーターからのメッセージ

「アンガーマネジメントで人生のステップアップに」
人手不足が深刻な昨今、離職はとても大きな問題です。そして、離職する際の本音の理由の上位を「人間関係の悪化」が占めています。私自身「業務過多」それによる「組織コンディションの悪化」により、メンタルダウンをしたことがきっかけでアンガーマネジメントに関心を持ちました。
アンガーマネジメントを学び、怒りを上手に相手に伝え、相手の中にも大切にしている価値観があるということに気づきました。当時私がいた組織は圧倒的にコミュニケーションが足りず、お互いを理解できていなかったのです。
組織を変えるのは難しいですが、自分の意識と行動が変わったことが周囲にも影響を与え、だんだんと会話量も増え、意見が違っても対立することなく、解決のために歩み寄ったり、むしろアイデアとして取り入れたりする空気になっていきました。新人が毎月退職し、一番環境が悪いといわれていた組織が、新人定着率も上り、全国でも業績優秀な組織へと変わったのです。
これは私の中で大変貴重な経験となりました。
無駄なイライラが減れば、仕事だけではなく、自分自身や家族と向き合う時間も増えます。会話が増えることで、お互いの価値観がわかり、自分との違いを、「否定」することなく、「ひとつの考え方」として新しい発見に変えていくことができます。
アンガーマネージメントを通して、視野を広げ、人生の選択肢を増やしてみませんか?