ブログ

こんにちは!ブログチームの垣尾です。 今回は7月26日と8月17日に開催されたキッズイベントについてご紹介します! 日本アンガーマネジメント協会の認定資格のひとつに「アンガーマネジメントキッズインストラクター」(以下AMKI)があります。 この資格は、5歳から小学生にアンガーマネジメントをお伝えする事ができる資格です。

(参照ブログ:AMKI養成講座レポート)
https://www.angermanagement.co.jp/blog/52012

全国各地のAMKIは、お子様が楽しく学びながら怒りの感情を理解できるよう、親子で参加できるイベントや、個人でキッズ講座を開催しています。 全国のAMKIの活動状況や参加された方の声をご紹介させていただきます。

*****

山口美紀(東京都大田区) 

■活動日時
2019年7月26日

■活動内容
大田区の小学校で、アンガーマネジメントキッズ講座を開催しました。夏休みに、学校の先生をはじめ、地域の方々・保護者・近隣企業の方々が、ボランティアで講座の先生になりさまざまな講座が開催されました。
その1つとして、低学年・高学年の2講座を担当しました。
「案内を見て楽しそうと思って参加した」という子や「俺、怒りっぽいからってかあちゃんに勝手に申し込まれたー!」という子など受講動機は様々です。

低学年の講座では、まずいろんな気持ちがあることを知ってもらい、怒るとからだはどうなるかを考え、怒ったときにスッキリする方法を体を動かしながら学びました。

高学年の講座では、怒ったときに、その前にある感情はなにかを探しました。そして、怒ったときにどんな行動をとるか、どのように相手に伝えるかを学びました。

「怒るときのルール」は、低学年も高学年も何度も復唱し暗記してもらい、見学にいらした校長先生にも子どもたちから伝えてもらいました。
「今度校長先生に会ったら、ちゃんとルールを覚えているか聞いてみてね!」と校長先生を目の前に約束をして講座を終えました。
小学校全体の共通ルールとなるといいなと思います。

■メッセージ
アンガーマネジメントキッズ講座は、全国様々な場所で開催されています。
5歳から学べるアンガーマネジメントキッズ講座は、怒りの感情を上手に伝えられるようになるよう、ワークブックを使って楽しく学びます。 柔軟な子どもは、受講後すぐに変化が現れます。
小さな頃からアンガーマネジメントを身近なものにするためにも、ぜひ受講してみてください。

*****

池田真茶(大阪府豊中市) 
個人ブログ:http://anger-management.seesaa.net/ 

■活動日時
2019年8月17日

■活動内容
関西支部の仲間達と岸和田市福祉総合センターで行われた「コラボラ 夏休み遊びの広場」イベントに参加してきました。朝のうちに各ブース紹介があり、多くの方がアンガーマネジメントに興味を抱いてくれました。昨今、大人がイベント会場で関心を示してくれることが増えた気がします。
さて、どんなキッズが来てくれるかな?と期待しておりましたが、残念ながらキッズの参加は少な目でした。ですが、その中でも嬉しかったのは、開始早々来られたママさんが、しばらくしてお子さんを連れて戻ってきて下さったことです。このように、親御さんがまず話を聞き、「うちの子どもに学ばせたい!」という流れは、イベントではよく見かける光景です。大半の子は本人の意思ではなく嫌々連れて来られるパターンが多いのですが、会話が進むうちに「楽しかった」にどんどん変わっていきます。色々なお話をしながら進めますので、「勉強」という感じがしないのかもしれません。キッズの変化を直接感じられるので、AMKIにとって、とても嬉しい瞬間です。年齢性別関係なく、1人でも多くの方に楽な気持ちになっていただけるよう、今後も活動を続けていきたいと思います。

■メッセージ
アンガーマネジメントは、日々のトレーニングです。受講後にご自身で実践していただく必要があります。イライラしたときこそ、自分を見直せるチャンス!一人ではなかなか続かないことも、親子でならできそうですよね?ご自宅に戻られてからも、是非、怒りの感情について親子で話し合う機会を作っていただき、親子共にイライラが減るトレーニングをされてはいかがでしょうか?