ブログ

こんにちは!ブログチームの山ノ内です。 今回は8月3日と4日に開催されたキッズイベントについてご紹介します! 日本アンガーマネジメント協会の認定資格のひとつに「アンガーマネジメントキッズインストラクター」(以下AMKI)があります。 この資格は、5歳から小学生にアンガーマネジメントをお伝えする事ができる資格です。

(参照ブログ:AMKI養成講座レポート)
https://www.angermanagement.co.jp/blog/52012

全国各地のAMKIは、お子様が楽しく学びながら怒りの感情を理解できるよう、親子で参加できるイベントや、個人でキッズ講座を開催しています。 全国のAMKIの活動状況や参加された方の声をご紹介させていただきます。

✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳✳

鈴木礼子(埼玉県越谷市)

■活動日時
2019年8月3日

■活動内容
8月3日(火)に「親子で体験!アンガーマネジメント」と題して、体験イベントを開催しました。

子どもたちには「キッズ講座」を実施し、4つのワークを体験してもらいました。
保護者の皆さんにはアンガーマネジメントの解説後に「アンガーマネジメントゲーム」を体験してもらいました。
2部構成のキッズ講座は事前満席となり、増席して対応するほど関心を持っていただきました。
保護者対象のゲーム体験は、どのグループも大変盛り上がり、笑い声あふれる体験の場となりました。
アンケートには「風船が楽しかった」「怒るときのルールを知れた」等の子ども達の声に加え、保護者の皆さんからは「子どものためのつもりが自分への必要性を感じた」「6秒カウントし点数をつけることを習慣にしたい」「怒りの温度の個人差を感じ興味深かった」と、数多くの嬉しい感想を頂くことができました。
家庭に、地域に向けて発信することで「アンガーマネジメント」が確実に広がっていく様子を目にすることができ、体験会を通じて「アンガーマネジメント」に触れる機会を提供する意味を実感することができました。

■メッセージ
怒りについての話なのに、いつの間にか笑顔が溢れる話になっている、そんなことが実際に起きる体験会。「アンガーマネジメント」は怒りの感情と上手に付き合う方法です。ぜひ、どんなものなのかなぁ~と、思った方は実際に体験してみてください。全国各地で、様々な講座や体験会が行われております!

*****

村松 香菜子(愛知県名古屋市)

■活動日時
2019年8月4日

■活動内容
東海支部は年に数回キッズイベントを行い、日本アンガーマネジメント協会で年に一回開催される親子でベントにも参加しています。

今年は、7月7日に全国一斉イベントとして『親子で学ぶアンガーマネジメント』が行われました。けれども年に一回では参加できなかったという声を頂き、同じ地区のAMKIと8月4日愛知県名古屋市で『親子で学ぶアンガーマネジメント夏in守山』を行いました。
イベントのキッズ講座では小学校低学年の児童が多かったので「感情カード」「怒りを絵にしてみよう」「温度計」を行いました。子どもたちは今まで意識して感情を絵にしたことがないために、イメージができなかったり、考えられなかったりとワークを始めるまでに時間がかかりました。初めはなかなか話を聞いてくれなかった子どもたちですが、イメージが湧き始めたら楽しくなってきたのか、色々と話をしたり説明してくれたりしながら取り組むことができました。
今までのキッズ講座と同じように終わると一緒に来た保護者の方に嬉しそうに講座の話をしていました。そんな姿を見て、私たちが伝えたかったことを家族に持ち帰ってくれるという嬉しさがこみ上げてきました。

■メッセージ
講座で「お母さんたちも同じことやってるの?」と聞かれることがあります。その時は「ワークブックを使わないけど同じ『怒る』ということについて話を聞いてるよ。だから今日こんなことをやったよとワークブックを見せてあげてね」と伝えています。
親子で共通の話題で『怒る』と言うことを話してもらうことができ、「怒ることは悪くない」ということを伝えられる幸せを講座から感じています。
一人でも多くの方に足を運んでもらえると嬉しいです。