ブログ

日本アンガーマネジメント協会には、協会事務局のほか、会員の学びや交流をサポートする組織が多数、存在しています。私たち、協会ブログチームをはじめ、北海道から沖縄までを包括する8つの支部や本部委員もそんな組織のひとつ(2020年6月現在)。

全国各地に在籍している日本アンガーマネジメント協会認定の有資格者は、各支部のイベントや勉強会で切磋琢磨し、アンガーマネジメントの普及活動、資格取得後のフォローアップを行っています。それは、アンガーマネジメントを必要とする方へ質の高い技術を提供し、資格取得後も安心して活動できるために不可欠なもの。

こうした会員によって運営される組織の存在があって、職種もさまざま、バラエティ豊かなたくさんの仲間と一緒に楽しくアンガーマネジメントの学びを深めることができます。
本日はそんな組織の中から、本部委員会をご紹介します。

***

【活動紹介】
《協会のアクセル!8つの支部へのブリッジ!》
本部委員会は6名の本部委員で組織され、一年を通し8つの支部のイベントや勉強会が円滑に進むようサポートするとともに、協会会員からの意見の集約を行い、協会会員が気持ちよくアンガーマネジメントを学べる環境を作っています。また、年に一度行われる全国一斉親子イベントや、300人以上もの会員が集結し、一年間の活動報告や、積極的に活動した方や組織の表彰を行うJAMAカンファレンスの企画、運営を行っています。

【本部委員へインタビュー!!】
Q:活動する上で大事にしていることはどんなことですか?
A:《アンガーマネジメントを楽しむこと!》
まずは、全力で自分自身がアンガーマネジメントを楽しむこと!当たり前のことかもしれませんが、仲間や協会事務局、支部との連携を取る中で、意見の相違やトラブル発生時もアンガーマネジメント的に考えることを大事にしています。一番に考えているのは、全国のAMFT(※アンガーマネジメントファシリテーターの略)が活動しやすい土壌を作ることです。

Q:大変なことはありますか?
A:《新型コロナウイルスの影響》
昨年度末に今年度の運営計画は概ね決まっていました。ところが!新型コロナウイルスの影響で計画していた対面でのイベントや、支部活動が次々に中止や延期となり、代わって「オンライン」の時代へ。当協会のイベントや勉強会もオンラインでと提案はしたものの「どうやってする??」の手探り状態でした。本部委員の仲間と連携しながら、個人でもオンラインセミナーに参加し、普段なら絶対に学べないシステムのことまで勉強できました。
本部委員のメンバーはそれぞれ、会社勤務や個人事業を営む方など職種も様々です。仕事との両立もなかなか大変なものです。しかし、仲間と一緒に一つのことに取り組む時間は楽しく、何よりもアンガーマネジメントの知識をより高めていける場でもあります。

Q:今、本部委員でHOTなことはなんですか?
A:《7/5開催!親子で学ぶアンガーマネジメント2020夏!!》
今年は協会初のオンライン開催となります。昨年までとは違い、今年は協会会員のみの参加となります。初めての経験に本部委員一同も何が起こるかわからない!でもそれがワクワクするね!と今からとても楽しみにしています。現在は、全国8つの支部やブログチームと連携し、準備を進めています。本部委員メンバーそれぞれの特技やキャラクターを活かした楽しいイベントになること間違いなしです。

【ご愛読くださる皆様へ本部委員からのメッセージ】
当協会では、会員になってからもスキルアップ勉強会、各支部での勉強会やイベント等交流や学びを深める場がたくさんあります。新型コロナウイルスの影響で自粛生活になっても、オンラインを使い、楽しく学ぶこと、アンガーマネジメントを実践することは継続していきます。
家族同士でのイライラ、職場でのイライラ、人間関係のイライラ・・・様々なイライラと上手に付き合うには、アンガーマネジメントが役に立ちます。子どもから大人まで学べる講座が盛りだくさん!是非受講して、人生をより楽しく豊かにしましょう。
Let’s アンガーマネジメント!!

***

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar
現在、日本アンガーマネジメント協会ではオンライン講座も開催しています。