ブログ

2020年も残すところあと2ヶ月足らずとなりました。1年を振り返り始める季節。
昨年、大好評をいただいたアンガーマネジメント手帳が今年も発売になりました!すでに新たに手帳を購入してくださった方もいらっしゃると思います。

今回はアンガーマネジメント手帳の企画制作に携わった手帳チームへのインタビューを通して既に購入してくださったに方も、これから購入しようと思っている方にも、役立つ情報や裏話をお届けします。
3回シリーズの1回目は「今年のアンガーマネジメント手帳はここが違う!」です。

ブログチーム水谷です。今回は手帳チームへのインタビューと題して、手帳チーム×ブログチームで座談会を行いました。華やかな手帳チームのみなさんと、にこやかなブログチームの私たち。始終明るい笑い声があふれる中、しっかり取材を行いました。

■今年の手帳、昨年と比べての相違点
・「一週間の振り返りチャート」が「今週のワンモアチャレンジ」に
・ハッピーログ記載欄が広くなった(昨年、4,2センチ、今年6センチ(水谷測定))
・手帳の後ろのエッセンス内「入門講座」も新しい内容に(イラストもアップデート!)
・月間スケジュールのページが2022年の3月まで延びた
・メモ欄が増えた
・週間ページの「今週の〇〇」の欄も新たな内容に、使いやすいドットが入った
…等、今年もさらにミラクルを起こせるようにバージョンアップ!

Q:今年は昨年にも増して、使いやすさがアップしたのですね?

青木

手帳講座を受けてくださった方や、知り合いのアンガーマネジメントファシリテーター、実際に使っているという人に対して、アンケートをお願いしたんです。

飯田

アンケートも様々な方から意見をいただいたから、その分こだわりも様々で。自分自身も1年使ってみて「ハッピーログ」にもっと書き込みたいって思ったから、提案したり。

浅井

ハッピーログは昨年実際に書いてみて、書くからこそハッピーな出来事に気づくことが出来たから、ハッピーログのスペースを広げられて良かったです。

松井

「年度」で仕事している人も多かったので、今年は月間スケジュールのページを増やしました。他にも、私は実は週間タイプの手帳には抵抗があったけれど実際に使ってみると、自分の1週間の怒りが振り返りやすかったです。

小尻

アンケートを踏まえ、手帳チームで何度もミーティングを重ねましたよね。松井さんが言っていた週間ページは工夫点が満載です。ドットをつけたことで、1日を4分割に出来るから時間軸で使いたい人は線を引いて、何も書きたくない人はそのままで…他にも、「今週の〇〇」の部分はアンケートやいただいたご意見を反映しました。

Q:昨年も大変だったと思うのですが、2年目だからこその「難しさ」はありましたか?
浅井:2年目だから昨年ほどではなかったけれど格言、著作権を調べるのが、難しかったです。でもメンバーが悩みぬいた分、自信があるので、ぜひ一つ一つしっかり見ていただきたいです。

松井:スケジュールのみの手帳ではないからこそ、飽きさせてはいけないと思いました。手に取ってくださった方が「来年も使いたい」と思ってもらえるものを…と悩みましたね。

Q:たくさん悩んだからこそ、今年も最高の手帳が仕上がったのですね。
一同:はい!(満面の笑顔)

✽✽
今回は「今年のアンガーマネジメント手帳はここが違う!」について伺いました。何気なく「あ、なんだか変わったな」と思うより、その違いについてしっかり伺えたので、今年はブログチームメンバーも昨年よりもさらに上手に手帳を活用できそうな、そんな気持ちでいっぱいになりました。次回は、この「アンガーマネジメント手帳2021年版への想い」をお届けします。

アンガーマネジメント手帳2021版:
www.amazon.co.jp/dp/4623090256

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar
現在、日本アンガーマネジメント協会ではオンライン講座も開催しています。