ブログ

ずっと話しかける同僚、無能な部下、無茶をさせる上司など、職場は怒りと不満の温床にもなります。怒りを上手にコントロールできるかどうかがあなたのキャリアにも大きく影響しますので、今回は職場でのイライラをうまく乗り切るための知恵を紹介していた記事をご紹介します。

『怒りのサインを見逃さない』
自分が爆発する前に、どんな兆候があるのか掴んでおくと怒りのメルトダウンを避けられます。例えば多くの人にとって、鼓動が早くなり声が大きくなるのは初期の兆候です。

『怒りを無視しない』
怒りを感じた時一番良くないのが、その感情に蓋をする事です。もし他人に対しての不満や怒りを全て抑え込んでしまうと、今度はささいな事でも頭にくるようになってしまいます。解放できないネガティブな感情は病気にもつながりますし、怒りを溜め込みすぎると本来の問題点が見えにくくなってしまいます。

『完全にキレない』
スティーブ・ジョブズは短気で有名で、それが嫌で彼の元を去った部下もいますが、ジョブズは怒りを部下のモチベーションにつなげる事ができた希有なビジネスマンです。でも皆さんは自分がジョブズではない事を、肝に銘じた方が懸命です。もし怒りを感じたら、意識的に非生産的な感情をポジティブな感情に変える必要があります。怒りを押し殺したり否定する必要なないので、紙に気持ちを書いてみたりしましょう。

『今後の評価を考える』
あなたの怒りの対象が何であれ、噂は広がります。仮にあなたが正しかったとしても、怒り方によっては職場での評価を下げてしまう場合もあります。怒りをぶちまける代償がどれ位になるか、爆発する前に考えてみましょう。

もっとテクニックをお読みになりたい方は、下記記事を参照してみてください。

(英文記事URL)
http://it-jobs.fins.com/Articles/SBB0001424052970204136404577210980204135956/Anger-Management-How-to-Keep-From-Losing-Your-Job

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメントの学びはここから

アンガーマネジメント
ファシリテーター養成講座

Seminars

※受付を締め切りました。

講座受講日:

【東京(23区内)会場】416期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【愛知会場】417期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【大阪会場】418期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

オンラインライブ受講日:

【オンライン】2103期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】419期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】420期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】421期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【大阪会場】422期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座