ブログ

人を叱るのは本当に難しいですね。しかし管理職なら、部下を叱るのは避けて通れない道です。人を批評するのは諸刃の剣で、建設的に使えば部下にチャレンジを与えて成長させる事ができますが、間違った方法で乱用してしまうと部下に逆ギレさせたり落ち込ませたりさせてしまいます。有能な管理職にとって、効果的な怒る技術を身につけるのはビジネスに必要不可欠です。

まず、建設的な批判は上司も部下もwin-winになりますが、破壊的な怒り方はlose-lose(怒る側も怒られる側も得をしない状態)になります。つまり上手に部下を怒れない上司は、自分が更に出世することも難しく、管理職のボジションにも長くいられないのです。

では効果的に部下を叱るにはどのようにしたらよいでしょうか?

1.解決方法を提案する
解決策を提案せずに、ただ単に部下を個人的に攻撃している管理職が何と多いことでしょう。問題点だけを指摘する批判は非生産的なだけでなく、大声で悪い言葉を使う事で部下のイニシアチブや潜在的な力を奪ってしまいます。

2.思いやりを持って叱る
建設駅な批判をする時は、褒め言葉を少し挟みましょう。その部下にもいい所はあるはずです。褒め言葉を入れると、問題をより客観的に認識しやすくなります。

3.場所をわきまえる
叱る目的は、あくまで業績を伸ばすのが目的だと忘れない事です。大勢の前で怒って部下に恥をかかせても何の得もありません。怒る時は個人的に、問題点を明らかにしてアドバイスしましょう。部下が自分が成長できると感じた時、実は管理職であるあなたも勝っているのです。

より詳しい内容をお読みになりたい方は、下記記事を参照してくださいね。
(英文記事URL)
http://www.naplesnews.com/news/2012/mar/13/the-best-managers-use-criticism-carefully/

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメントの学びはここから

アンガーマネジメント
ファシリテーター養成講座

Seminars

※受付を締め切りました。

オンラインライブ受講日:

【オンライン】2099期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【福岡会場】406期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】408期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座