ブログ

前回の記事で、5才から8才の子ども向けアンガーマネジメントテクニックをご紹介しました。でもお読みになった方の中には、(何もそんな小さいうちから実践しなくても…)と思った方もいるかもしれません。今回は、どうして小学生からアンガーマネジメントを実践するのが有益なのか、お伝えします。

1.小学生のうちからアンガーマネジメントを実践すれば、思春期に差し掛かり、ホルモンバランスが崩れて怒りを感じやすくなっても、怒りの感情を建設的な方法でマネジメントでき、他の望ましくない方法で怒りを発散させる事が少なくなる。

2.子どもが小さいほど、大きな子どもより新しい考えや物事に対する抵抗が少なく素直に受け入れてくれるので、よりアンガーマネジメントという概念が届きやすくなる。

3.小学校でアンガーマネジメントプログラムに参加している子どもは、ピアプレッシャー(仲間同士からの軋轢、プレッシャー)や、いじめに対する対策が自分で持てるようになる。この問題が顕在化してくるのが中学校なので、その前にアンガーマネジメントスキルを付けるのが望ましい。

4. アンガーマネジメントプログラムを通して、自分への自信、自分をコントロールする力、自尊心を育む事ができる。この力は将来的に、健全な社交性や、セルフイメージを形作る基礎になる。

もちろん、アンガーマネジメントが子どもの問題を全てを解決する訳ではありません。でも反抗期に入る前にこのスキルを身につける事が、本人や家族にとっても非常に有益なのではないでしょうか。

(英文記事URL)
http://stress.lovetoknow.com/Anger_Management_Programs_for_Elementary_Children

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメントの学びはここから

アンガーマネジメント
ファシリテーター養成講座

Seminars

※受付を締め切りました。

講座受講日:

【東京(23区内)会場】416期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【愛知会場】417期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【大阪会場】418期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

オンラインライブ受講日:

【オンライン】2103期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】419期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】420期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】421期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【大阪会場】422期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座