ブログ

■活動内容
今年の夏休みに『親子でアンガーマネジメント』(全2日間)を開催しました。
赤ちゃんも一緒で、癒されながらの講座になりました。
お母さまからは「ずっとアンガーマネジメントに興味がありました。知ってよかったです。」と感想をいただきました。
子ども達は、絵を書くワークが気に入ったようで、1日目の終わりには「楽しかった!!まだやりたい」と嬉しい感想をいただきました。
2日目、小学2年生の女の子は「全部のワークをしたい!!」とはりきっていました。
自分の口でうまく伝えられないときには、手紙を書いていたという女の子。(お母さん談)
ワークを通じて、気持ちの整理の仕方が上手になったのではないかな~と思います。
そして、夏休みが明けて女の子から素敵な写真が届きました。

自由研究でアンガーマネジメントについてまとめてくれたそうです。
大人顔負けの素晴らしい出来栄えでした。学んだことをアウトプットする。そうすることでアンガーマネジメントが自分のものになっていくと思います。
秋に届いた夏の素敵な贈り物に、心が満たされました。

■メッセージ
アンガーマネジメントを学ぶと自分の感情を整理し、感情的に人にぶつかることなく相手に自分の気持ちを伝えられるようになります。
子どもは知らず知らずのうちに怒り方や口癖を周囲の大人から学びます。
大人がアンガーマネジメントができるようになれば、子どもも変わります。
また小さい頃から「感情」について理解ができると、自分には自分の、他人には他人の気持ちがあることがわかり、自分の感情を上手に表現できるようになります。
親にも子どもにもアンガーマネジメント、おススメです。