ブログ

■活動内容
日本アンガーマネジメント協会には北海道から沖縄まで合計9つの支部があります。(2019年2月現在)
2月17日(日)に中国・四国支部とエソール広島(公益財団法人広島県男女共同参画財団)の共催で、当協会代表理事の安藤俊介によるアンガーマネジメント講演会を開催しました。
テーマは『ダイバーシティ(多様性)×アンガーマネジメント』。一般76名、支部メンバー38名、計114名が原爆ドームを見下ろすおりづるタワーに集結しました。

「ダイバーシティとは何か?」という問いかけに戸惑う参加者も、あっという間に話に引き込まれ、深く頷いたり、メモをとったり、そして笑い溢れる講演会となりました。

ダイバーシティを進めていくのは社会にとっていいことだと言われています。しかし、ダイバーシティが進むほど、イライラする人が増えているのも事実です。だからこそ、アンガーマネジメントを学びトレーニングすることは、この世の中ではとても有効です。平和への願いの象徴、原爆ドームの隣に位置するおりづるタワーで、今回のイベントが開催できたことは、本当に意味のあることだと思っています。アンガーマネジメントが世界平和に繋がることを願っています。

■メッセージ
今回の講演会では、嬉しい悲鳴!で、満席のため多くの方の参加希望をお断りすることとなりました。しかし、今回ご参加いただけなかった皆様に朗報です。
中国・四国支部では、今年の11月3日(日・祝)愛媛県松山市にて、安藤俊介の講演会を開催いたします。是非、アンガーマネジメントの日本第一人者である安藤俊介の講演を聞きにきてください。
また、広島市では3月10日(日)にJMSアステールプラザにて親子イベントを開催します。続々とお申込みいただいておりますが、まだ席に余裕があります。こちらにもご参加いただけると嬉しいです。お待ちしております。