ブログ

日本アンガーマネジメント協会には、協会事務局のほか、会員の学びや交流をサポートする組織が多数、存在しています。私たち、協会ブログチームをはじめ、北海道から沖縄までを包括する8つの支部や本部委員もそんな組織のひとつ(2020年7月現在)。全国各地に在籍している日本アンガーマネジメント協会認定の有資格者は、各支部のイベントや勉強会で切磋琢磨し、アンガーマネジメントの普及活動、資格取得後のフォローアップを行っています。それは、アンガーマネジメントを必要とする方へ質の高い技術を提供し、資格取得後も安心して活動できるために不可欠なもの。こうした会員によって運営される組織の存在があって、職種もさまざま、バラエティ豊かなたくさんの仲間と一緒に楽しくアンガーマネジメントの学びを深めることができます。
本日はそんな組織の中から、東海支部をご紹介します。

***

こんにちは。日本アンガーマネジメント協会 東海支部 支部長の寺田陽子です。
今回は東海支部の紹介いたします。
東海支部は 愛知県、三重県、岐阜県、静岡県、長野県を含めた広範囲に渡るエリアとメンバーで構成されています。アンガーマネジメントの認定資格を取得されたら、私たちと一緒にアンガーマネジメントの学びを深めていきませんか。アンガーマネジメントは心理トレーニングです。 毎月継続して学んでいくことで、怒りに振り回されない自分、後悔しない自分が手に入るのではないかと思っています。

【支部の特色】

東海支部では、毎月楽しく和気あいあいと勉強会を開催しています。その土地のおいしいものや、お楽しみ♪的な要素も取り入れてアットホームな雰囲気の勉強会です。集合形式の勉強会は名古屋での開催が中心でした。しかし、メンバーが増えたことや名古屋に来られない方々もいらっしゃるので、三重県、長野県、静岡県でも勉強会の開催を増やしています。
2020年は新型コロナウイルスの影響もあり、オンライン(ZOOM)で開催が主流です。集合形式でないので、最初は「大丈夫かな?」という不安も最初はありました。しかし今ではオンラインでの交流会を交えながらメンバーで懇親をしています。距離や帰りの時間を考えず、自宅から気楽に…というスタイルはもう手放せない感覚です。当面はオンラインでの勉強会となると思います。ZOOMの操作方法が不安な方にはZOOM練習会を開催していますので、お気軽にご参加いただければと思います。皆さんのご参加をお待ちしています!!

【東海の美味しいもの】

私は名古屋に住んでいるのですが、名古屋というとどんなイメージでしょうか!?
名古屋メシ!といえば、味噌煮込み、きしめん、手羽先、小倉トースト、ひつまぶし、みそカツ、あんかけスパゲティ、エビフライ等々…。特徴あるおいしい料理がたくさんあります。皆さんはどれを食されましたか?この地域は赤みそを使った料理が多く、みそカツにかける赤みそのソースは甘みがあってお子さんにも大好評!愛知県の三河地域には、篠島(しのじま)や佐久島(さくしま)があり魚介類がとても新鮮でおいしいです。三重県にも牡蠣をはじめとするおいしい魚介がたくさん!静岡はウナギが名産地です!勉強会に参加して、おいしい名古屋めしをご賞味ください。

【怒った時の方言】

■なにやっとんの (何してるの?)

■そんなことしたらいかんがね (そんなことしてはいけません)

■でら(でぇりゃあ)むかつく (大変遺憾です) 

*「でら(でぇりゃあ)」は好意的な場合にも使用します
└例 でら いいがね(とても良いと思います)

【その他の方言】

■テレビなどでよく耳にする「だがや」という語尾

標準語の「そーでしょ」「そーだよね」 → 「そーだがや」 となります。
>例:標準語「これ、おいしい」→名古屋弁「これ、うまいがや」
>例:標準語「今、やっているよ」→名古屋弁「今、やっとるがね」

これをマスターすれば あなたも名古屋人の仲間入り…
ちなみに 「えびふりゃ」とは言いませんので、あしからず…

■尖った先は トッキントッキン

■熱いものは チンチン…
>例:「やかんがチンチンだがね」 最上級では チンチコチン 等々…

支部長 寺田陽子

副支部長 飯島敬子

支部長の寺田と副支部長の飯島敬子さん、事務局メンバー、勉強会スタッフで東海支部をどんどん盛り上げていきます!どうぞよろしくお願いいたします(*^-^*)

***

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar
現在、日本アンガーマネジメント協会ではオンライン講座も開催しています。