ブログ

■四コマ漫画の解説
怒りが生まれる仕組みは、ライターにたとえられています。
ライターの炎が怒りとするならば、『~べき』という自分の中の思い込みが着火石。
ライターの中のガスは、不健康やストレスなどのマイナス状態と負の感情で成り立っています。

今回、私は車の修理のために、ディーラーに何度か足を運ぶことになりましたが、
不安も苦しみも何も無く、「ディーラーは車を壊すべきではない。」とは微塵も考えていなかったので、全く怒りの炎が燃え上がりませんでした。
怒りがわかなかったことで、改めて、心のゆとりが大事だということに気づかされたのです。

■メッセージ
体調が悪く足を運べない、時間に追われている、ディーラーさんの態度が悪い…などがあると、ガスが溜まり、べきの着火石によって、発火、怒りの炎が上がるかと思います。
まず、ガスをためないこと。
日々の生活を顧みて、毎日を丁寧に過ごしたいなと思いました。