ブログ

協会ブログチームの水谷です。

今回私がおススメするのは、「いらいらばいばい」。表紙をご覧いただくと「子ども向けかな?」と思われるかもしれませんが、子どもばかりではなく大人も楽しめる1冊です。

この絵本の主人公はかいじゅうの子「ぼく」です。かいじゅうの世界で一番強いかいじゅう「フンガー」の怒る様子を陰から見て、その気持ちを想像してみたり、人間の「おんなのこ」から『イライラしなくなる魔法のメソッド』を教えてもらったり、「おんなのこ」を守りたい気持ちから『怒ることは悪くない』と知っていきます。

30ページにも満たないシンプルな絵本の中には、マイナス感情と怒りの関係・腹が立っても反射をしないための6つのメソッド・怒っても良いけれど3つのルールがあること・怒る3つのルール・・・など、アンガーマネジメントを実践していくうえで私たち大人にも役立つ内容が、わかりやすく書かれています。アンガーマネジメントに日々取り組んでいる方も、そしてこれから取り組みたいと思っている方にも、そして大人も、子どもも!取り組みやすい内容です。

私も先日アンガーマネジメントキッズ体験講座を行う時にこの絵本の「イライラしなくなる魔法のメソッド」を子どもたちに紹介しましたが、かわいい絵と、わかりやすい言葉、さらにすぐ出来る方法と3拍子揃っているので、子どもたちはノリノリ!もちろん、講座を進める私も一緒にノリノリになれました。
(中でも私のお気に入りメソッドは「ぴょんぴょんぴょん」です)

子ども向けだからこそ、大人にも響きます。優しいイラストに心穏やかになれます。秋の長い夜。手軽に読めて、寝る前に温かな気持ちで眠りにつけるそんな1冊です。

ぜひみなさん、読んでみてくださいね!

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座無料相談会開催中!
https://www.angermanagement.co.jp/blog/59283