ブログ

2021年11月、コロナ禍でありながらも全国的に感染者は少し落ち着いていて、例年より早めのクリスマスムードに包まれていた大阪の街は賑やかだった。そんな中、私たち夫婦は百貨店巡りを楽しんでいた。結婚25周年、銀婚式の記念にお揃いの指輪を作ろうと提案し、妻の了承が得られたのだ。

なぜお揃いを作りたかったかというと、結婚して数年の頃に、不注意で結婚指輪を失くしてしまったから。落としてしまったと思われる場所を必死に探したけれど、結局見つからず、私だけもう一度同じ指輪を買い、見た目だけお揃いの指輪を着けていた。だから結婚5周年、10周年、15周年、20周年と、5年ごとの結婚記念日に毎回もう一度お揃いの指輪を作りたいと申し出たが、妻は「うん」と言ってはくれなかった。それどころか、周年を重ねる度に、「このままではいつか離婚することになるのではないか」と不安を感じるようになっていったのだった。こういった背景から、結婚25周年でようやく妻の了承が得られた喜びは、格別なものだった。アンガーマネジメントとの出会いをきっかけに、夫婦の危機的な状況から、お揃いの指輪を作れるようになるまでの劇的な変化を、みなさんにもお伝えしたい。

どこの夫婦にも似たような話はあると思うが、私たち夫婦は結婚当初から些細な喧嘩が絶えなかった。大抵は私の不機嫌から言い合いが始まることばかりで、穏やかに伝えれば良いものを、つい感情的になって言ってしまうことが多かった。朝から怒鳴り合いが始まる。妻が何か話し掛けてくると、私は「朝からどうでもいいことを話してこないでよ!!仕事の準備で忙しいねん!! そんなどうでもいいことに付き合っていられるほど暇じゃないわ!!」
「ちょっと聞いてほしかっただけなのに、そんな言い方しなくてもいいやん!!」
「朝からなんやねん!!ただでさえ仕事行くの嫌なのに、1日の始まりにこんな気分にさせられたら堪らんわ!!もっとこっちの気持ちを考えろよ!!」

売り言葉に買い言葉で、お互いいつもイライラしていて、顔を合わせればすぐに喧嘩になってしまう。こんな言い合いが日常だった。こんなことが20年も続いていたのだからお互いにしんどい結婚生活だった。今思えば気持ちに余裕が無かったのかもしれない。嫌いではなかったけれど、穏やかにいられない。どうしてこんな言い合いばかりしてしまうのだろう、と思ってばかりの毎日を過ごしていた。一時は顔を合わせるのがしんどく感じすぎてしまい、終電ギリギリまでファーストフード店やファミレスで時間を潰して夜遅くに帰り、顔を合わせる時間を減らし、会話する機会を減らしていたこともあった。

一人息子がいる目の前でも配慮することなく怒鳴り合うことも多かった。息子は言い合っている間、いつも知らん顔でゲームなどをしていたから、「また始まった」くらいに思っているのだろうと思いながら気にすることなく感情を投げつけていた。飼っていた犬はいつも遠巻きに、心配そうな顔をしながら私たちの様子を見ていた。息子が中学生になり塾に行くようになると、必然的に二人で向き合うことになったが、会話も少なくて、自宅にいる時間はずっと居心地の悪い時間となっていった。

「こんなことを繰り返していたら、いつか本当に家庭が壊れてしまうかもしれないな」
そんな不安をずっと感じながら、どうしていいのかわからずにいたのだった。そんな毎日が、あるきっかけで激変した。「アンガーマネジメント」に出会ったのだ。2017年2月25日は私の人生が大きく変わった記念日だ。

この日、職場の中堅職員向けの研修があり、土曜日の朝から本社に呼び出されていた。そこで初めてアンガーマネジメントという言葉を知った。講師の先生の話を聞いた時、私は自分のこれまでを心から悔い改め、自分の生き方を変えようと思ったのだった。アンガーマネジメントを学べば、「きっと人生が変わる」と心からそう思った。

「アンガーマネジメント」とは、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングだ。今でこそアンガーマネジメントは一般的に聞き慣れたものになってきたが、5年前はまだ認知度も低いワードだったため、「怒りをマネジメントするってなんだろう?」と思っていた。研修の趣旨からも中堅職員として部下に対して怒りを強くぶつけて辞めさせてしまうことがないように、といった説教のようなものだと思っていたら、全然違っていた。日々感じる怒りとどう向き合っていくか、感じた怒りをどうコントロールすれば良いかといった、怒りを深く理解して上手に扱えるようになるテクニックを教わる講義内容だったのだ。研修では「怒りとはどういうものか?なぜ怒りに振り回されてしまうのか?どうやれば怒りをコントロールできるのか?」といった具体的な学びを得ることができ、90分の講義が終わる頃には私の表情は希望に満ちて真っ直ぐに前を向いていただろうなと思うくらい、心の内側を覆いつくしていたドロドロした感情が浄化されていたのを忘れない。

その時まさに、私は毎日を怒りに振り回されて生きていて、それが本当に苦しくて、どうしていいのかわからずにいた。出口の見つからない真っ暗闇の中でどうやって解決すれば良いのかを見つけられずに独り悩んでいた。そこに、眩いばかりの光が射し込んできたのだ。この光を真っ直ぐに進めば、この暗闇から抜け出せる。アンガーマネジメントを身に着けたら、必ず人生が変わる。そう確信した。

その日すぐに講師の先生に連絡し、自分の今の状況を包み隠さず話し、もっと深くアンガーマネジメントを学びたいと伝えた。妻にも、今日の学びで自分の間違いに気付いたことを話し、「アンガーマネジメントを学んで人生を変えるんだ」、と興奮しながら話したのだった。

続きは後編へ

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座◆無料オンライン説明会開催中!
https://www.angermanagement.co.jp/meeting

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座◆無料オンライン個別相談も開催中!
https://www.angermanagement.co.jp/individual

『アンガーマネジメントトレーニングブック2022年版』 ミネルヴァ書房
Amazonからのご購入はコチラ:
https://www.amazon.co.jp/dp/4623092569

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメントの学びはここから

アンガーマネジメント
ファシリテーター養成講座

Seminars

※受付を締め切りました。

オンラインライブ受講日:

【オンライン】2099期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【福岡会場】406期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】408期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座