ブログ

アンガーマネジメントができないと、アメリカでは解雇されてしまうのでしょうか?

怒りっぽい従業員を解雇した人事担当者が、新聞の質問コーナーに相談していましたのでご紹介します。

質問:
会社で、勤怠とアンガーマンジメントに問題がある従業員を解雇しました。最終面談では当然ながら歩み寄れず、従業員は大変ケンカ腰になり、上司や会社への脅迫とも取れる発言をしました。この従業員から会社や他の従業員を守るため、私たちができること、すべきことは何でしょうか?

この質問に対し、人事と司法の専門家がこう回答しています。

回答:私企業の雇用者は、意に沿わない従業員を解雇する権利があります。もしその従業員が戻ってきたら、すぐその場を立ち去るよう言って下さい。会社側の権利を侵していると説明し、それでも去らなければ警察を呼びましょう。

身体的な暴力だけでなく、言葉や書き言葉のみで脅威と感じるものがあれば、裁判所からそうした言動をやめるよう命令を出してもらうことも可能です。万が一命令に背いた場合、警察が本人を起訴します。

怒りが沸点に達して思わず吐いた暴言が、脅迫と取られてしまう可能性もあります。(本人に全くその意図がないとしても、です)。

暴言も積み重なると、立派な解雇理由になり得るのですね。日本はアメリカほど法社会ではないにしても、自分の言動には十分気を付けましょう!

(英文記事URL)
http://www.businessmanagementdaily.com/articles/26484/1/What-can-we-do-to-protect-ourselves-A-worker-leveled-threats-after-we-fired-him–/Page1.html

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメント無料オンライン相談会(詳しくはこちら)

アンガーマネジメントの学びはここから

アンガーマネジメント
ファシリテーター養成講座

Seminars

講座受講日:

【東京(23区内)会場】416期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【愛知会場】417期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【大阪会場】418期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

オンラインライブ受講日:

【オンライン】2103期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】419期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】420期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【東京(23区内)会場】421期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座

講座受講日:

【大阪会場】422期

アンガーマネジメントファシリテーター養成講座