ブログ

■私のイライラ体験談
先日、パソコンが故障し電気屋さんへ行きました。店員さんは無愛想に私の質問に答えるだけで満足できる応対ではありませんでした。ただ、一日も早くパソコンが欲しかったため、パソコンを購入しプラス1万円を支払って初期設定の依頼をしました。後日パソコンを受け取りに行くと、メールアドレスが以前と異なる設定がされていました。
私の伝えたアドレスが「入力できなかった」と相変わらず無愛想な対応の店員さん。これまで使えていたので理解できず、事前に確認の連絡が欲しかったと伝えると「バタバタしてたので!」の返答でした。応対の悪さは許容できましたが、勝手な内容変更には納得がいかず、他の店員さんに経緯を説明して依頼通りに修正してもらうことができました。

■使ったアンガーマネジメントテクニック
思考のコントロールと行動のコントロール
思考のコントロール:怒る必要があるかないかを見極めるテクニックです。 
行動のコントロール:怒ると決めたときにどのような行動をするかを判断するテクニックです。

■その後の変化
応対の悪さなどでいったん相手に対する不信感が芽生えると、その後の出来事なにもかもを怒りの原因として捉えてしまいがちですが、冷静に出来事を分解して、許せること、許せないことを区分けしてみると、自分にとって重要なのは何なのか、次にどのような行動を起こせばいいのかが自ずと見えてきます。今回も怒りの感情に振り回されずに要望を具体的に伝えられたことが、結果的には納得のいく対応へとつながりました。
只今PCは快適に使用しています。

■メッセージ
自分の思いとかけ離れた対応を受けるとショックもあり、つい感情的になりがちです。しかし、アンガーマネジメントを理解していると、どのように対応すればよいか、一歩引いて冷静に選択できるようになります。怒りの感情に振り回されないようトレーニングです。