ブログ

こんにちは、ブログチームの小尻です。
日本アンガーマネジメント協会には北海道から沖縄まで合計10の支部があります。(2019年7月現在)
今年も全国一斉で親子イベント「親子で学ぶアンガーマネジメント2019夏」が、7月7日に行われました。今回は新たに北陸エリアや沖縄エリアでも開催することができ、昨年から18会場増え全国57会場で親子イベントを実施することができました。347名のアンガーマネジメントファシリテーター(以下AMFT)やアンガーマネジメントキッズインストラクター(以下AMKI)が各会場でお迎えし、全国で1523名の親子の皆さんがご参加くださいました。今日は、「親子で学ぶアンガーマネジメント2019夏」後編をお届けします。関西支部、北陸支部、中国四国支部、九州支部、沖縄支部のイベント報告と各エリアの写真をご紹介します。

前編(北海道支部・東北支部・北関東支部・南関東支部・東海支部)はこちらから
https://www.angermanagement.co.jp/blog/51743

【関西支部】
開催会場数:3会場  スタッフの人数:34名  来場者数:179名

関西支部 上野恵利子FTからのご報告
来場していただいた親子に、七夕飾りの笹に短冊に願い事を書いていただくアイスブレイクの後、親が子どもの様子を少し見てから、親講座に20分参加していただき、また子どもの様子を見ていただきました。その後、全員で怒らない体操をしました。
参加者からは、楽しかった、またイベントをしてほしい等の嬉しい感想が多かったです。
スタッフもイベントを通して楽しく学ぶことができ、次へのステップになったと話していました。
親子の講座を同じスペースで開催したため、一体感がありました。

【北陸支部】
開催会場数:2会場  スタッフの人数:8名  来場者数:24名

北陸支部 袋井修平FTからのご報告
北陸支部では、金沢・福井の2か所で親子イベントを実施しました。キッズ講座では、中々思いを表現できない子もいましたが、ワークを進めていく中で笑顔が見られ、「とても楽しかった」とのご感想を頂きました。また、保護者向けの講座では、「イライラと前向きに付き合ってみたい」「後悔しない選択をして、自分の感情に責任をもって子育てしていきたい」との意見もいただき、みなさんイキイキした表情で帰られたのが印象的でした。

【中国・四国支部】
開催会場数:5会場  スタッフの人数:34名  来場者数:169名

中国・四国支部 大山美穂FTからのご報告
中国・四国支部は、東広島・周南・善通寺・西条・砥部の5会場で開催しました。四国はイベントに先駆けNEXCOサービス四国㈱様からロードレイジについてご講演を頂き、他人事ではなくなった身近な事象として親子とも熱心に耳を傾けてくれていました。親子イベントでは、親子共々活発に意見を出し合い、怒る事は悪くない、上手に気持ちを伝える方法が大切だと理解して頂け、明日から生かしていきたいとの感想を多数お寄せ頂きました。

【九州支部】
開催会場数:10会場  スタッフの人数:48名  来場者数:161名

九州支部 川嵜昌子FTからのご報告
北九州:ご参加ありがとうございました
博多:たくさんの方に参加いただけました
大橋:深く学んでみたいという嬉しい感想でした
佐賀:地域や学校関係などさまざまな方に参加いただけました
長崎:アットホームな雰囲気でした
熊本:質問も多く、子どもも楽しんでいました
臼杵:楽しみながら学んでいただけました
延岡:落ち着いて話を聞ける雰囲気でした
日南:楽しそうでした
鹿児島:大人も子どもも帰りは笑顔でした

【沖縄支部】
開催会場数:1会場  スタッフの人数:1名  来場者数:7名

沖縄支部 辻川惠美FTからのご報告
アンガーマネジメントを石垣島に広めることを目的に、キッズワークを25分、親御さん向けに30分行った後は、楽しくゆんたく。(編集部注:ゆんたく=おしゃべりのこと)ゆんたくでは、怒るときのルールを復唱すると、子どもたちが既に暗記していました。怒りをしずめる方法について子どもたちはグッパーがいいと主張。「机の下でできてパ―にした時、心が喜んでる」などの表現に驚きました。今後も続けて欲しいとご要望いただき、少人数で和気あいあいと実施することができました。

スタッフと来場者を合わせて、全国で総参加数1870名という大規模な親子イベントを実施することができました。
7月7日はちょうど七夕の日でした。
「子ども達には自分の感情と上手に付き合えるようになってもらいたい。」「良好な親子関係を築いてもらいたい。」そのような私たちアンガーマネジメントファシリテーターの願いを届けることができた親子イベントとなりました。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました!