ブログ

■私のイライラ体験談
今から7〜8年前、私の職場では育児休暇の取得は珍しく、子育ての相談を出来る人がほとんどいませんでした。今も2人の子育てをしながら働いていますが、当時は何かと振り回される事も多くありました。夫と話すだけでは足りず、仕事でのストレスが癒されるどころか、家でも小さなストレスは溜まる一方。
下の子がイヤイヤ期のときには、些細な事でも腹が立つようになり、子どもの前で泣きながら過ごす事もありました。

■使ったアンガーマネジメントテクニック
ポジティブ・セルフトーク

■その後の変化
まもなく3人目を出産予定です。
妊婦の今でも、家事に追われ寝不足が続くとイライラしやすくなりますが、「家族が楽しみにしてくれているから頑張ろう」と自分を励ましています。昔ならイライラしていた事は、「今の私なら穏やかに出来るはず!」「私なら大丈夫だと思って産まれてくれるはず」と前向きに考える事で不安な事も溜め込まなくなり、裁縫をしたり、子どもとお腹を触ってゆっくりする時間を作るようにもなりました。

■メッセージ
アンガーマネジメントを知ってから、些細な事は引きずらなくなり、ネガティブな気持ちに振り回されて苦しくなる事が減りました。
働き方が多様になった今でも、母の負担は多くなりがちです。イライラと上手に向き合いながら、家族みんなが笑顔で新しい命を迎えられるよう過ごしたいと思っています。