ブログ

こんにちは!協会ブログチームの水谷です。
今回の「巷に溢れるイラッ&モヤッ」は私自身のイラッ&モヤッを綴ります。

◆私のイラッ&モヤッは「バカにされた」と感じた時!
私は現在、個人事業主(研修講師)として働いています。常に同じメンバーと仕事をするのではなく、お客さまや受講生など毎日さまざまな方々と仕事をしています。組織で働いている頃に比べると、仕事相手が常に変わるので人間関係に悩むことは少なくなりました。しかしそんな私にも時に発生するイラッ&モヤッがあります。それは・・・

『研修費、安くしてよ』
『管理職研修だから男性講師かと思ったら、こんなに若い女性なんだね』

親しくない相手からの何気ない言葉です。何気ないとわかっているし、悪意はないことも頭の中では理解しているのです。だけど親しい人ならともかく、初対面の人にそのような言葉を投げかけられると「バカにされた・・・」「見た目だけで値踏みされた・・・」と感じ、イラッ&モヤッとします。イラッ&モヤッの裏側には悔しくて悲しい気持ちがいっぱいです。

アンガーマネジメントを学ぶ前の私は、それに似た言葉をかけられるたびに何と言っていいかわかりませんでした。言い返すのもどうかと思い、笑ってごまかしていました。けれど、後からずっと「あぁ悔しい!」「もうあの担当者とは仕事をしたくない!」「でも仕事だし・・・断ったら次がないかもしれないから断れない」と、モヤモヤしていました。

しかし、アンガーマネジメントを学ぶことで【言えなくてイライラすることやモヤモヤすることも怒りだ】と知り、自分の気持ちを上手に伝えられるようになったのです。

◆アンガーマネジメントで変わった私の伝え方
イラッ&モヤッの言葉を投げかけられたとき、私は心の中に三重丸を思い浮かべます。思考のコントロールです。そして「言ったら後悔する?」「言わなかったら後悔する?」と自分に問いかけます。これを続けていると、腹が立っても大抵のことは意外と「言ったら後悔する」に分類されることが分かりました。「言ったら後悔する」に分類した時は、もうそこでイラッ&モヤッはストップ!言えなかった、じゃなくて自分で言わないと決めたから。

だけど、やっぱり「バカにされた・・・」と思ったときには「言わなかったら後悔する」に分類します。そして冷静に相手に伝えます。

『研修費、高いですよね。私も出来る限りご期待に沿いたいのですが、10年近くお取引のお客様も正規のお値段でご依頼いただいています。でも例えば、年間契約や1回7時間以上の研修の場合はお値引きさせていただきますので、ご検討くださいね。』

『女性の研修講師で良かったと思っていただけるよう、ビシビシ進めますね。まずは部長さんから当てていきますので、覚悟しておいてくださいね。』

など、笑顔で対応。(真顔で言うとイヤミになりますから注意!)これで相手との関係も良好です。イラッ&モヤッとするスタートは変わらないけれど、結果は自分が選択したこと。だから納得できるし以前のイラッ&モヤッとは種類が違います。

◆相手に言い返すことを目的にしない
ブログを読んでくださっているみなさんもきっと、周囲とのやりとりでイラッ&モヤッとすることも多いでしょう。誰かと関わる事は、成長出来る反面イラッ&モヤッが発生することもありますよね。だけどイラッ&モヤッとした気持ちで勢いのままに気持ちをぶつけても、相手との関係は悪くなるだけです。みなさんの目的はなんでしょうか?

私の目的は、お客さまに良い研修をご提供することです。「相手に言い返す」ことは目的ではありません。怒ることが最終目的にならないよう、これからもレッツ!アンガーマネジメント!日々学びを続けていこうと思います。

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar
現在、日本アンガーマネジメント協会ではオンライン講座も開催しています。