ブログ

こんにちは、協会ブログチームの小山内です。
今回は「怒りの対処術~冷静になるためのおすすめの方法その2~」について綴ります。

前回、6秒をやり過ごすアンガーマネジメントのテクニックについて、私が今好んで使っている「グラウンディング」についてご紹介しました。

※「6秒ルールって?」「グラウンディングって?」という方は前回の記事をご覧ください。
https://www.angermanagement.co.jp/blog/67885

すると、嬉しいことに読んだくださった方から「6秒やり過ごすテクニックをもっと知りたい!」「他にもおすすめのテクニックはありますか?」とご感想をいただきました!
ですので今回も、イラッとしたときに冷静になるためのおすすめのテクニックをご紹介したいと思います♪

先程の「グラウンディング」のほかに、私が最近よく使っているテクニックは「呼吸リラクゼーション」というもの。深呼吸をする、というテクニックです。
私たちは怒っている時は、呼吸が速く、浅くなりがちです。怒った時、息があがった経験がある方もいるのではないでしょうか。ゆっくり深呼吸をして、呼吸を整えるとイライラも段々と落ち着いてきます。

ですが、ただ息を吸って吐くというのではなく、深呼吸をする時にもポイントがあるのです!
それは、「息を吸う時間よりも、吐く時間を長めにする」ということ。鼻から息を吸って、1、2秒息を止める。そして口から細く、なが~~~~く息を吐ききる。息を吐ききることに集中することで、より心も身体もリラックスできます。これを2、3回繰り返すと、呼吸も整って気持ちも身体も軽くなっていることに気づくでしょう♪
私は可能であれば、目を瞑って大好きな沖縄の海をイメージしながら深呼吸をしています。

「さらに、意識を集中させたい!」という時は、数を数えながらやるのもおすすめです。「いち、に、さん、し」で息を吸って、「ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう・・・」で息を吐き切ってしまう。「数を数える」ことに集中することで、自分の意識をイライラから逸らしてより冷静になれます。

呼吸リラクゼーションは、道具も必要ないのでいつでもどこでもできるテクニックです。イライラした時だけではなく、集中力を高めたい時、ちょっとリフレッシュしたい時などにも私はしています♪

誰にでもできる簡単なテクニックなので、ぜひ「息を吐ききる」に集中してチャレンジしてみてくださいね!

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar