ブログ

こんにちは。ブログチームの小山内です。
昨年から何回か、夫へのイライラについて綴っています(笑)
(参照記事:洗濯機爆発事件))

実は最近も夫に対してイライラすることがありました。
それは・・・家の鍵を無くしてしまったのです!!!

ただ物を失くしてしまうのは「そういうこともあるよね」と思うのですが、夫の場合、大事な物を失くす回数が多いのです。
今まで失くしたものは
・家の鍵
・スマートフォン
・コート
・結婚指輪
などなど数知れず・・・。毎回最初は反省しているのですが「まぁ、失くしちゃったものは仕方ないよね!」とすぐに切り替える夫。私はその切り替えの早さに「本当に反省しているの!?」と更にイラッとします。

ですが、今回はなんと!掃除をしていたらソファーの隙間から失くしたと思っていた家の鍵が奇跡的に出てきたのです!「なぜこんなところに挟まるの?」と思いつつ、夫に「鍵あったよ!ソファーの隙間に挟まってた!見つかって良かったね」と報告すると、夫は「お!やっぱり出てきたんや!失くすはずないと思っていたんよね~」と呑気な様子。その態度を見てまたイラッとしたのですが、ここでアンガーマネジメントです。

以前の私なら、「本当に反省している?何で大事なものを失くすの!?何でソファーの隙間に鍵が挟まっているの!?何で同じことを繰り返すの!?」と「何で何で攻撃」で畳み掛けていました。しかし、「何で?」ばかり繰り返すと、夫もだんだん不機嫌になります。「なぜ?」と原因を探ることも大切です。しかし、そればかりを繰り返すと相手は「責められている」と感じる場合もあるのです。
なので「どうしたら失くさないようになる?」と、解決策を考えてみます。アンガーマネジメントはソリューション・フォーカス・アプローチ(解決志向)に基づいています。「どうなりたいか」という未来をイメージすることで、そのために何ができるのか具体的な行動を考えていくものです。夫に解決策を考えてもらったところ

・鍵は服のポケットではなく、カバンの中にしまう
・鍵を置く場所を決める(寝室の小物入れに入れる)
・鍵にキーホルダーをつける
・GPSで追跡できる、忘れ物防止タグを購入する

とたくさん出てきました。本人に解決策を考えてもらうと、「やらされている」と感じるのではなく、「自分が考えた解決策だから」と納得して行動してもらえます。未来に意識を向け、どう行動したら良いのかを考えると、イライラに振り回されず前向きになれますね♪

講座情報はコチラ:
https://www.angermanagement.co.jp/seminar